個室待機

風俗店では、出勤時間のうちすべてに仕事が入っているわけではありません。都合上、どうしても仕事のない時間ができてしまいます。その空いた時間を、嬢たちは待合室で待つことになります。その待合室が、個室になっていて、一人に一部屋与えられているのが「個室待機」という待遇です。個室といっても、そんなに広いものではなく、漫画喫茶の一人用ブースほどの大きさになります。個室待機の最大のメリットは、やはりプライバシーが確保されている点です。風俗で働く女性の中には、職場の同僚となるべく関係を持ちたくない人もいますし、単純に話すことがストレスという人もいます。そのような女性にとっては、この上ない待遇といえるでしょう。また、従業員間のトラブルを避けられる、というのもメリットです。

しかし、個室待遇にはデメリットもあります。仕事の悩みを共有する相手ができないことです。風俗で働く女性の多くが、周りにそのことを隠しています。ですので、職場以外の人間には、仕事の話ができないのです。待合室が共用の風俗店では、女性同士が仲良くなり、悩みを話したり、アドバイスをしあったりすることがよくあります。個室待機では、そのような相手を作ることができないのです。

現状として、すべてのお店が個室待機を導入できているわけではありません。都心のお店では、家賃が高いために、人数分の個室ブースが用意できていないところもあります。どうしても個室待機がいいという方は、事前に確かめておくのがいいでしょう。